FPは専門で持つ資格よりむしろ兼用 > メニュー > お金に興味があるならFPを目指そう

お金に興味があるならFPを目指そう

FPはお金に関する資格です。
お金に関する資格というと税理士や公認会計士などがイメージされやすいですが、
FPは保険から貯蓄、株式投資、不動産運用、相続事業承継など、
お金に関する知識を広く習得するための資格です。

 

資格審査があるため、FPは一定の知識水準を超えていると言えます。
2年に1度の更新があり、知識が劣化しないような制度が設けられています。

 

銀行や生命保険会社などの金融機関に勤めている人が取るべき資格と考えられがちですが、
日常生活で使える知識を数多く習得できるので、
金融機関にかぎらず、
一般事業会社に勤めている人にとってもとても有効な資格と言えます。

 

多くの人はお金に関する教育を体系的に行なっていません。
そのため、知人間等でお金の話をすると嫌らしさを覚え、
お金の話自体がタブー視されていたりもします。

 

ただ、多くの人がお金に関して興味が有ることも事実です。

 

FPは難しい専門的な勉強をするわけではありません。

 

経済学や金融工学などを学ぶわけではありません。
生命保険に加入する際に気をつけるべきことはどのようなことなのか、
資産運用をする際にはどのようなことに気を付けなければいけないのか、
相続を円滑に進めるためにはどのようなことを把握しておく
必要があるのかといったことを学んでいきます。

 

そして、これらのことを判断するための知識を身に付けていくのです。

 

FPの資格をとった後は、自分の専門分野を持っていく人が多いです。

メニュー

最新記事