FPは専門で持つ資格よりむしろ兼用 > メニュー > FPとはどういうものか

FPとはどういうものか

FPについて説明します。
FPとはファイナンシャルプランナーの略で、ファイナンスに関わる事の専門家を表します。

 

ファイナンシャルプランナーになるにはどうすればいいかですが、
まずはファイナンシャルプランナーの試験に合格することです。

 

厚生労働省から指定を受けた2つの団体より、
ファイナンシャルプランナーの試験を受験できます。

 

合格すればファイナンシャル・プランニング技能士の資格の認定を受けます。
ファイナンシャルプランナーの試験の中身についてですが、
分野は大きく6つに分けることができます。

 

1つ目はライフプランニングと資金計画です。
様々なライフイベントを考慮してどのようにその人の資金計画を立案するか、
健康保険等の社会保険、国民年金や企業年金等を扱います。

 

2つ目は、金融資産運用です。金融商品には、投資信託、株式、債券等多数ありますが、
それぞれの特徴とリターンやリスクについて扱います。

 

3つ目は、リスク管理です。人生において様々なリスクが存在しますが、
そのリスクを分散する生命保険について扱います。

 

4つ目は、タックスプランニングです。
生活の上で様々な税金を納めることになります。
主に所得控除や税額控除等の所得税の仕組みや納付方法について扱います。

 

5つ目は、不動産についてです。
不動産にはどのような法律が適用されているか、
不動産の取引での税金等を扱います。

 

最後は、相続や事業承継です。
主に贈与や相続、それらに関わる税金について扱います。

メニュー

最新記事