FPは専門で持つ資格よりむしろ兼用 > メニュー > FPの仕事内容と資格取得について

FPの仕事内容と資格取得について

FPとはファイナンシャルプランナーの略称です。
ファイナンシャルプランナーでは長いので略してFPと呼ばれています。

 

ファイナンシャルプランナーは、2002年に国家資格となった資格です。

 

国家資格となった為、知名度も上がり、取得を目指す人も増えています。

 

ファイナンシャルプランナーとは簡単に説明するとお金の運用の専門家です。

 

仕事内容は、顧客の資産情報を分析し、資産の運用や資金計画などのプランを立て、
指導や助言を行ってくれます。

 

顧客の持つ貯蓄や、不動産、保険に税金など幅広い観点から顧客のライフプランを提案します。

 

その為、生活設計のアドバイザーとも呼ばれています。

 

ファイナンシャルプランナーになる為には、
ファイナンシャルプランニング技能士という国家資格を取得する必要があります。

 

試験には、ランクに合わせて3級から1級まであります。
3級は受験資格がない為誰でも受ける事が出来ます。
また、勉強方法は市販の参考書で十分勉強できる内容となっています。

 

2級を受ける為には、3級に合格しておく必要があります。

 

2級からはFPの難易度も上がってきますので、専門学校や通信教育などで
勉強する必要があります。

 

また1級は更に難易度があがり、
受験資格は2級の合格者であり1年以上のファイナンシャルプランナーの実務経験があるか、
または5年以上のファイナンシャルプランナーの実務経験が必要となります。

 

資格取得後の活躍の場は、銀行や保険会社などがあります。

メニュー

最新記事