FPの資格の活かし方

FPは、ファイナンシャルプランナーの略した言い方です。
ファイナンシャルプランナーの資格を取ることで、
今後の人生の視野が広がります。
どのように広がるのかというと、仕事としても活かすことができます。

 

また、自分の人生設計を立てることもできます。

 

 FPの資格を取ることで、どのような仕事に活かしていけるのかというと、
銀行、証券会社、保険会社などの金融機関の仕事に活かすことができます。

 

そのほかには、公認会計士、税理士、社会保険労務士、
宅地建物主任者などの資格と併せ持つことで、スキルアップさせる方法もあります。

 

あとは、FP自体を本職とする、独立型で活かすやり方もあります。ただし、

 

ファイナンシャルプランナーをビジネスとして活かす方法は歴史が浅く、

 

いろいろな課題があるようです。

 

しかし、そのような背景をプラスとして考えるならば、
今後伸びる可能性を秘めています。

 

 ファイナンシャルプランナーは、日常生活にも活かすことができます。

 

例えば、マイホームの購入を考えているとします。

 

家を買うには、土地代や土地の上に建っている家の料金、
あとは税金などがかかります。

 

ファイナンシャルプランナーの資格を取るためには、
そのような項目を覚える必要があります。
そのため、家を買うには、どのくらいの予算でいけばよいのか、
という計画を立てることができます。

 

それいがいには、自動車保険や生命保険についても学ぶことができるので、
保険証券の見方がわかり、今後の見直しをすることも可能です。

メニュー

最新記事