FPは専門で持つ資格よりむしろ兼用 > メニュー > 一般教養としても役立つFPの資格

一般教養としても役立つFPの資格

FP(ファイナンシャル・プランナー)の資格は、
これまで専門的な仕事の人が取得する資格というイメージがありましたが、
最近では主婦や学生などといった
一般の人たちにも取得したいと言う人が増えています。

 

FPの資格を取得すると、お金に関する専門知識が得られますが、
この知識は専門職以外の人にとっても有益な知識であり、
一般教養として活用できるためです。

 

FPは、一級から三級までに分かれていて、
三級であれば独学での合格を目指す人も多く、
比較的取得しやすいと言われています。

 

勉強する内容は、さまざまな保険についてや住宅の購入について、
老後の年金問題などがあり、日常的によく耳にするような内容が多いので、
身近な問題として学ぶことができます。

 

長い一生のなかで、資産をどのように使い、
守り、増やすのかを考えるとき、
お金についての知識があれば適切な判断をすることができます。

 

ライフプランニングやリスクマネジメントの仕方、
税金や年金の計算法などを学び、
人生におけるお金に関するより良い選択ができるようにします。

 

これらの内容は、テレビのニュースなどでよく見聞きする話題なので、
勉強して詳しくなれば自分の日常生活にも役立ちます。
一生のなかでお金に関する疑問や悩みは誰もが持つものであり、
なかなか他人に相談しづらい問題でもあるので、
そんなときFPの知識が少しでもあれば役に立ちます。

 

FPの勉強をすることは、お金に関する問題に詳しくなるということなので、
自分自身の人生設計にも活かすことができます。

メニュー

最新記事