FPは専門で持つ資格よりむしろ兼用 > メニュー > FPの概要と受験までの手順

FPの概要と受験までの手順

FPは、ファイナンシャルプランナーの略称です。

 

ファイナンシャルプランナーを持つことで何ができるのかというと、
人生設計をすることができます。

 

人はそれぞれの人生があります。社会人になると、
それがより明らかになってきます。

 

車を持ち、家を購入し、結婚して子供ができる人もいます。

 

また、サラリーマンの給料だけでは心持たないと考えている人の中に、
投資をしている人もいます。

 

そのほかでは、自動車保険や生命保険に加入している人もいます。
このような、資産、負債、家族構成、資産の現状などを加味して、
今後のライフプランに合った資金計画をアドバイスしていくのが、
ファイナンシャルプランナーの役割になります。 

 

次に、FPの受験方法を説明していきます。
国家資格に定められている、
ファイナンシャルプランナー技能検定は、1級から3級まであり、
1年に3回実施されています。

 

受験申請期間は、試験日の2ヶ月前くらいから始まります。
合格発表は試験日の約2ヵ月後くらいに発表されます。
日本FP協会のホームページでも合格の確認をすることができます。
受験方法は、インターネットで申し込みをします。
しばらくすると、受験の申込用紙が届きます。
それに必要事項を記入して郵送するという形になります。

 

あと、受験料は申し込み用紙と一緒に振込先が指定されているので、
そこへ振込をすることになります。
受験までの手続きはこのような流れです。

 

あとは、試験前に受験票が届き、最寄の試験会場で受けることになります。

メニュー

最新記事