FPは専門で持つ資格よりむしろ兼用

FP(ファイシャルプランナー)は弁護士や会計士に比べたら難易度はおちるものの、 1級になると専門で仕事が出来る。宅建みたいな資格です。 階級は1〜3に分かれていてどれも学科と実技試験があります。 生命保険会社などにつとけてるひとなら 3級程度は一週間勉強して合格できる難度と聞きました。 また宅建を持ってる人は大抵FP3級また2級をもっている傾向にあるようです。 不動産関連もFPの学科試験の範囲に入ってのでそのあたりが被るからついでに取ろうと、 ということなのです。 生命保険で営業してる人は外務員の資格と取る際に生面保険・損害保険は勿論のこと。 社会保険・公的年金・企業や個人年金からリスク管理における 投資信託・債権・株式投資を勉強させられるので、 FP取る取らないに関わらず、かならず覚える項目なのです。 さらに普段の営業そのものが学科試験の内容と同じだから尚更です。 FPはそれ以外にも、所得税の仕組み・損益通産・所得控除・所得税の申告と 納付・個人住民税・事業税・自動車保険・金融商品・保険商品などを 元に選択方式で答えていく試験です。 インターネットなどで検索をすればただで過去問をあげているサイトとかがあります。 腕試しにこなして完璧にできてから、 必要なものを購入するのが賢いやり方だと考えています。 本屋などにたくさん関連本が売られています。 3級取った人は本は2冊完璧に熟読すれば学科は大丈夫と言っていました。 ただ3級だけをとったからといって独立するのはまず無理なようです。

メニュー

最新記事